2008年05月22日

どうしてサマンサタバサ?

サマンサタバサのブランド名は、どこからきたのでしょうか?
サマンサタバサというデザイナー?どこかの地名?歴史上の有名人の名前?
食べ物の名前?どれも違います。

昔のアメリカのドラマで「奥様は魔女」が由来みたいですね。

そのドラマの主人公の奥様がサマンサで、彼女の子供のがタバサだったそうです。1964年から8年間アメリカで放映された、コメディドラマですが、僕はこのドラマを見ていないので、どういう内容かわかりません。

日本でも、少し前に米倉涼子さんが、同じタイトルのドラマに出ていたような気がします。これも見ていませんが。

ブランド名の由来は、ドラマ上の人物名だったんですね。
細かいことを言うと、子供のタバサちゃんの名前のスペルは(Tabitha)ですが、ブランドのスペルは(Thavasa)。なぜか違います。

ブランド名は、やっぱり大切だと思います。たとえその製品が良くても、知らない名前のブランドだったりしたら考えちゃいます。

新しいブランドは、そのネーミングについて、会議とか何回もやって決めるんでしょうか?
ブランドや法人名は、風水や字画占いなんかにも、有効って聞いたことがあります。
きっと世の中には、高名な先生が名付けたブランド名もあると思います。













posted by サマンサタバサ at 18:06| サマンサタバサ

2008年05月18日

サマンサタバサを持っている女性

電車に乗っている時、僕は、まわりにいる人を観察するのが好きです。
いろんな人が、その狭い空間で、乗り合わせている間は、イヤでも時間を共有しなくてはいけません。

それなら、しかめっ面をしながら乗るよりも、楽しく過ごした方がいいと思いませんか?

立って吊り革につかまって乗っている時は、あまり人間観察になりません。
電車の構造上、どうしても、窓の外を見てしまいます。
でも、座っている時には、よく観察できます。

座っていると、必然的に目線が低くなってしまうので、正面に立たれると、どうしても、その人の腰のあたりが視線に入ります。
女性は、大体バッグを方から提げているので、持っているバッグがよく見えてしまいます。

この前、座っている僕の前に女性が立っていました。
その女性が持っていたのは、「サマンサタバサ」の白地にピンクのチェックの入った四角いバッグでした。春らしいそのバッグは、その女性によく似合っていました。
やはり、、「サマンサタバサ」のバッグは、20歳代くらいの女性に人気があるらしく、かなりの頻度で、持っている女性をみかけます。

男の僕としては、あまり荷物を持ち歩くという習慣が無いため、いつも基本は手ぶらです。たまに、買い物とかで、何か持たなきゃならない時は、困ってしまいます。

女性は、化粧品や、小物なんか必要なものがたくさんあるし、ポケットに物を入れたりできない(ポケットが服にあまり無い)ので、必然的にバッグは使わなきゃならないようですね。
友達の女性のバッグをこの前待たせてもらったら、重いのなんの。彼女自身も「鉄アレイ」って言ってました。

「サマンサタバサ」のバッグなら、いくら荷物を詰めても、お洒落に見えると思いますよ。

3009000018900_01.jpg



posted by サマンサタバサ at 18:15| サマンサタバサ

2008年05月14日

サマンサタバサの世界

前にテレビで見たんですが、「サマンサタバサ」の社員って、女性しかいないんですよ。 (もし違っていたら、ごめんなさい)
バッグとジュエリーの製造、販売をおこなっている会社です。

男性から見ると、とっても魅力的な職場です。そんな女性ばかりの会社の社長である寺田和正さんは、まだ40歳そこそこの若い方です。
若いのに、かなりやり手の社長だそうです。

僕の住んでいる家の近くに、「サマンサタバサ」のお店があります。
最初、僕はそれって、アメリカのブランドじゃない?って思っていました。
お店の大きな看板には、「サマンサタバサ」のバッグを持って微笑んでいるビヨンセがいます。

他にも、ビクトリア・ベッカム、マリア・シャラポア、サラ・ジェシカ・パーカー、蛯原 友里など、世界のセレブ達が「サマンサタバサ」のブランドキャラクターになっています。とってもゴージャスですね。

そい言えば、4月に来日した、ビヨンセは、来日して真っ先に「サマンサタバサ」のプロモーションをしていましたね。

普通、ビヨンセクラスの大物は、来日してすぐになんて、仕事なんかしないものですが、これは異例だと思います。それだけ、ビヨンセも、このブランドに一目置いているんでしょうね。


バッグの製造にあたっては、長いキャリアで、豊富な知識と高い技術力のある、熟練のバッグ職人さんを使っているそうです。

デザインの素晴らしさプラス、職人の仕事で生まれるのが、「サマンサタバサ」のバッグだったんですね。


3009000026000_01.jpg

posted by サマンサタバサ at 16:12| サマンサタバサ